漢方薬とは

漢方は様々な生薬の組み合わせにより、人それぞれの体質に合わせて対応できる伝統的な薬です。何千年もの歴史があり、日本でも昔から治療薬として利用されてきました。

漢方薬とは

今日も医薬品として利用されており、漢方とは鍼灸や食養生なども含めた医学を意味しています。その薬は漢方医学の理論をベースにして処方される医薬品で、人本来が持つ治癒力を高める効果があります。漢方の基本は人の体も自然の一部である考え方があり、病気というより病人を見るという思想です。体の一部分にスポットをあてるより、その人の体質や生活習慣などから体全体のバランスについて、総合的に見直したり整える特徴があります。

日本のメーカーでもいろいろな種類が販売されており、一般的に副作用が少ないとされています。どのような薬でも薬効があるように、漢方にもいくつか副作用があります。生薬の中で比較的が起こりやすいものでは、例えば附子(ブシ)の場合熱感やほてり、発汗やしびれなどが対象です。大黄(ダイオウ)や芒硝(ボウショウ)の場合、腹痛や下痢、食欲不振などがあげられます。麻黄(マオウ)の場合、食欲不振や多汗、不眠や動悸などに注意が必要です。これらは比較的少ない症状になりますが、摂取には注意が必要です。西洋医学と東洋医学にはいくつか違いがあり、体の治し方があげられます。西洋医学の場合投薬や手術など体の悪い部分に対して、アプローチしながら治療する方法です。東洋医学の場合病気や症状などの発生部位というより、体質にアプローチしながら改善する治療法です。

東洋医学において鍼灸やあん摩、薬などの方法で治療を進めて、病気を防ぐために疲れを溜めないようにしたり、抵抗力をつけておくことも必要です。個人の状態に合わせて、選択することが大切です。漢方薬の飲み方について、口に入れる前に水や白湯を口に含みます。長い歴史においてさまざまな作用を持つ植物や動物など天然の素材を組み合わせられており、体のバランスを整え巡らすという考え方が根本にあります。女性特有の悩みにも効果的で、月経による女性ホルモンの波に影響されるので、冷えたりむくんだりと様々な不調を感じやすいです。ホルモンバランス変化による体調コントロールの難しさについて、悩んでいる人も多いでしょう。女性ホルモンの分泌は年齢によって大きく変動し、特に更年期になるといろいろな不調が起こります。

漢方はこのような女性特有の悩みについて、調和をはかることが可能です。病状に合ったものを選ぶことが大切で、基本的に病名ではなく症状に対して使用していきます。自分の体質に合ったものを選ぶことが大切です。