漢方薬のメリットがわかる!

時代の流れと共に病気の原因も複雑になっていますが、現在「漢方薬」が注目を集めていることをご存知でしょうか。中国が発祥の地である漢方薬は一人ひとりの症状に合った生薬を組み合わせて処方していることが特徴で、日本の風土や気候、日本人の体質などに合わせて調合するなど日本に伝わってからは日本独自の発展を遂げています。

漢方薬のメリットがわかる

自然界に存在する植物性や動物性のミネラルを豊富に含む「生薬」を基本的には2つ以上組み合わせて作られるもので、最近では医療機関でも処方されるようになりました。そんな漢方薬を用いるメリットとしては病気の改善はもちろんですが、「体質改善」につながることが挙げられます。

私たちの周りに数多くある「薬」のほとんどは西洋医学に基づくもので、「病気を治す」という根本は同じであるものの、西洋医学では「病気そのもの」が治療のターゲットであることに対して、東洋医学では「病気を根本から治す」ことを目的としています。体の治癒力を高めて症状を改善するという考え方に基づいて調合されているため更年期障害などには特におすすめの薬で、病気とまではいわないまでもなんとなく調子が悪い場合や、検査では異常が出ないけれど自覚症状がある場合にもにも効能が期待できます。

また、西洋薬に比べて副作用が少ないこともメリットのひとつです。全ての西洋薬がそうではありませんが、その多くは人工的に化学合成された物質が原料となっており一つの疾患や一つの症状に強く作用するものの、その反面身体に必要な細胞や栄養素まで破壊してしまいバランスを崩してしまう可能性があります。症状が多い・重いと服用する薬の量が多くなってしまいがちなことや、使用する薬品によっては依存性にも注意が必要です。

その一方で漢方薬は、長い使用経験を通して効き目や安全性が確かめられてきています。慢性的な病気や広範囲にわたる病気の治療など、複雑で多彩な症状に特に効果を発揮します。また、病気によって免疫力が落ちているときは違う病原菌に感染しやすいものですが、菌を身体に取り込まないようにするだけではなく感染に負けないような体質に改善して病気に対する抵抗力を高めていくような働きもあります。効能も各生薬が持つ薬効の足し算ではなく構成する生薬の組合せによって得られるため、症状に合わせて処方できることが大きな魅力です。ただし漢方薬はじっくり効いてくるタイプの薬で、体質改善も急激に行われるわけではないため継続して服用することが何より大切となっています。