病気とその治療を自然療法で

 

病気になったときは、病院などの医療機関で治療をすることが一般的です。病院での治療では、投薬が中心ですが、病状が悪化した場合は手術や放射線療法などが選ばれることもあります。高度な医療は優れた回復効果も期待できますが、体への負担も決して少なくはありません。それゆえに、悪化しないよう初期のうちからしっかりと対処することが大切です。人間の体には本来、自然治癒力が備わっています。その力をフルに発揮できると、薬などを使う機会も減り毎日をより健康で元気に過ごせるようになります。 

自然療法による治療

自然療法医学も注目されていますが、自然療法効果が得られる方法にはどんなものがあるのかも知っておきたいところです。自然療法は自然医学とも呼ばれておりヨーロッパでは広く普及しています。 

 

自然医療の主な内容としては、日本でも親しまれている漢方があげられます。生薬や自然の成分の力で健康な体へと近づけていきます。さらに鍼灸も日本では古くから親しまれており、最近は美容を目的とした施術も人気です。このほかでは、ホメオパシーや温熱療法、フラワーエッセンスやアロマテラピーなど様々な方法があります。 

 

自然療法では、ナチュラルトリートメントも人気があります。トリートメントにも多くの種類がありますが、特にアロマテラピーは日本でも高い人気で、エステサロンや専門のアロママッサージサロンで提供されています。 

 

その方法は、好みのキャリアオイルに製油をブレンドし顔や体をマッサージしていく方法です。強く叩く、もむなどの方法ではなく、オイルを使って、体を優しくなでるようにトリートメントしていきます。マッサージの効果で血行が促進されますし、リンパの流れに沿って行えばリンパの流れも改善されむくみ解消やデトックス効果も期待できます。そして、製油の優しい香りを楽しむこともできますので、健康や美容に良いことはもちろん精神的なリラックスも与えてくれます。インドで古くから伝わるアーユルヴェーダもオイルを使ったトリートメントが行われています。アビヤンガと呼ばれるオイルトリートメントでは、主にセサミオイルが使われておりオイルは温めてマッサージをします。そして、マッサージのあとはサウナや温浴を使った発汗法を行うことで、よりその効果を高めていきます。このほかでは、額の中心に暖かいオイルを流すシロダーラも予防医学的なアプローチがあるとされています。薬を使わずに健康を維持したい、若々しさを保ちたいという人は、ナチュラルトリートメントも上手に活用していきましょう。